併用すべきでないもの | 世界トップシェアのシアリスでEDを確実に治療しましょう!
menu

併用すべきでないもの

白い錠剤の入っているパッケージ

グレープフルーツには「フラノクマリン」と呼ばれる成分が含まれています。
そのフラノクマリンは体内の錠剤を代謝(溶解)する酵素の働きを阻害します。
つまり医薬品が過剰に体内で吸収されるということです。
それだけ聞くとあまり危険には聞こえませんが、考えてみてください。
医薬品の成分というのは、多く摂取すればいいというわけでなく、適量を体が吸収することによって
真価が発揮されます。
つまり無駄に吸収したところで副作用が起きる可能性が高くなるだけでしかないのです。
それでも問題ないと考えるのでしたらそれでも良いでしょう。
しかし、一歩間違えたらペニスが壊死して一生使えなくなることもあります。

勃起するためのED治療薬のはずが、これから先の全ての勃起を消し去るというのは嫌味な話です。
またインターネットを見ていると微量のED治療薬とグレープフルーツを同時に摂取することでED治療薬1錠分の効果を得ることができるなどと書いていることもありますが、医師でも薬剤師でもないのに「微量のED治療薬で1錠分の効果を発揮するような量のフラノクマリン」を計算して摂取することはまず不可能です。

もし1錠分より少なくなるのでしたら問題はありませんが、1錠分の効果を超えてしまった場合には上記のような重篤な副作用が起こる場合もあります。
非常に危険ですので、グレープフルーツとED治療薬(バイアグラ、レビトラ、シアリス)の併用は絶対に避けてください。
意味のないことをしてもそれはただ無意味なことに過ぎないのです。
どうせなら意味のあることをしましょう。
例えばED治療薬を服用する際には絶対にグレープフルーツは摂取しないとかね。