気になるアルコールとの話 | 世界トップシェアのシアリスでEDを確実に治療しましょう!
menu

気になるアルコールとの話

緑のカプセルと白い錠剤の入ったパッケージ

勃起をすることにおいて、アルコールはリラックス効果をもたらしてくれるために有用なものとされています。
しかし、そういったアルコールは量を間違えると性行為どころでは無くなるかも知れません。
シアリスは強い血管拡張作用を持っています。
またアルコールは血液によって運ばれるものです。
つまり血管拡張作用によって血行が良くなることによって、普段の何倍も酔う可能性があるのです。
そのために普段からあまりお酒に強くない人はシアリスを服用する際にはあまり多くのお酒を飲まない方が懸命です。
どうしてもお酒を飲まなければならない場合を除けば、基本的にED治療薬とアルコールというのは適した組み合わせではないのです。

ストレスを和らげリラックスするのにアルコールは適したものですが、アルコールが効果を発揮しすぎる場合というのもそれはそれでいただけないものです。
自分がどれくらいお酒に強いかというのは自分にしかわからないものです。
ED治療薬が効果を表す前に泥酔して寝てしまったりしては意味がありません。

またアルコール以外にも気をつけなければならないのが常備薬です。
常備薬の中にシアリスなどのED治療薬と相性の悪いもの(併用禁忌薬)がある場合は絶対にED治療薬を服用してはいけません。
過剰な血管拡張作用による血圧の低下によって腹上死を招く可能性があります。
心臓の病気などで硝酸剤による治療を受けている方は特に危険です。
硝酸剤は錠剤だけでなく、貼り薬や注射、塗り薬などのさまざまな形を取っています。
気をつけていないと取り返しのつかない結果を招くかもしれません。