menu

情報一覧

黄色いカプセルが入っているパッケージ 「世界トップシェアのシアリスでEDを確実に治療しましょう!」の情報一覧です。

read more »

気になるアルコールとの話

緑のカプセルと白い錠剤の入ったパッケージ

医薬品とお酒の組み合わせというのはあまりいいものではありません。というのもシアリスなどのED治療薬は強い血管拡張作用を持っています。そのためにアルコールが非常によく回るのです。お酒は適量がちょうどいいです。

read more »

併用すべきでないもの

白い錠剤の入っているパッケージ

シアリスを服用する際に気をつけなければいけないことがいくつかあります。その中の一番身近なものとして、グレープフルーツがあります。グレープフルーツは他のED治療薬との併用も危険ですのでおやめください。

read more »

シアリスの効果は絶大

散らばっている薬

シアリスというお薬は皆さんご存知ですか?持続力が長いのが特徴のED治療薬として海外では有名なのでEDでお悩みの方はこちらからご利用ください!

欲動を満たすために

勃起というのは超個人的なものです。
というのも、勃起をするのは自分ですし、その快感を享受するのは自分とパートナーです。
EDはそんな勃起を暴力的なまでに奪い去ってしまいます。
そんなEDの悲しい影響を受けないために、できる限りED治療薬でそれを治していきましょう。

そもそも勃起とはどういうメカニズムで起きるものなのでしょうか?
よく考えると私達は自分の体の中のことなのにそれをしっかり把握していないように感じます。

難しい言葉をたくさん並べても意味ないので簡単に説明しますと、
興奮したり、ペニスに刺激があると脳から勃起しろ。という指令が出されます。
そしてペニスの中にある柔らかいスポンジ状の組織が膨らんで固くなることによって勃起するというものです。
さらに勃起をする際には体内で一酸化窒素が大量に生成されます。
そしてその一酸化窒素によって「サイクリックGMP」と呼ばれる勃起を引き起こす物質が増加するのです。
サイクリックGMPは陰茎海綿体の回りの血管を拡張します。
また陰茎から血液が逃げにくいように静脈を圧迫して軽いうっ血のような状態にします。
そのために、勃起というのは一定時間続くものなのです。

うっ血のような状態ということは、それがあまりに長く続くとペニスが壊死するということです。
それを招かないために、サイクリックGMPを分解する酵素も体内には存在します。
それが「ホスホジエステラーゼ」と呼ばれる酵素です。
どれだけカチカチに勃起してもいつかは勃起が終わるのはホスホジエステラーゼの影響なのです。

EDが起きる仕組みとは

上記で勃起のメカニズムは理解していただけたと思います。
EDが引き起こされるのは、勃起を終わらせるホスホジエステラーゼの量が多くなるからなのです。
とはいえあくまでそれもひとつの原因でしかありませんがね。

ED治療薬はこのホスホジエステラーゼの作用を一時的に阻害します。
つまり萎えにくいようになるのです。
また血管拡張作用により陰茎海綿体内の血管を拡張します。
そうすることにより多くの血液が陰茎海綿体の中に流れ込むようになるのです。

世界で始めてED治療薬として認可されたバイアグラはもともと狭心症の治療のために研究されていたものであったことを考えると、血管拡張作用もすんなり入ってきます。

シアリスはED治療薬の中でもバイアグラ、レビトラとはかなり違ったものです。
タダラフィルというシアリスの内容物が血管拡張作用を持っていることは他のED治療薬とは変わりませんが、なんと言ってもその効果時間に大きな差があります。

バイアグラやレビトラの効果時間が6時間未満なのに対し、シアリスはその6倍もある36時間を謳っています。
とはいえ36時間勃起しっぱなしというわけではありませんのでご安心ください。
シアリスには催淫作用はありませんので性欲が向上するわけではありません。
性的な刺激を受けた際に問題なく勃起することが可能、というだけなのです。
そのために、セックスをする直前に服用する必要が無いのがシアリスの魅力なのです。
バイアグラやレビトラであれば直前に服用しなければ意味がありません。
そのために、できるだけ心に余裕を持って服用することができるのがシアリスの大きな特徴です。

シアリスの副作用

シアリスは医薬品であるために、やはり副作用からは逃れられない運命にあります。
そのため、どうしても仕方のない場合というのはあるのです。
副作用の主なものとしては「顔のほてり」や「消化不良」と言ったようなものがあります。

そういった副作用が発生する確率はおよそ1割です。
バイアグラの場合は8割近い確率で「顔のほてり」が発生することを考えると異常なほど低い数字です。
その理由は一体どこにあるのでしょう。

シアリスに含まれるタダラフィルという成分は水に溶けにくいものです。
そのためシアリスは服用から3時間で効果を発揮するような実にゆっくりとした薬です。
そのおかげで急激に血中濃度が上がる心配が無く、副作用が発生し辛いのです。
逆にバイアグラのように急激に体内に吸収されるようなED治療薬というのはどうしても副作用と縁があるものになります。
副作用が発生した場合でも基本的に性行為に支障が出るようなものはありません。
そのために安心してシアリスを服用することができるのも魅力でしょう。

シアリスの副作用として特に気になる可能性があるものは「色覚異常」ぐらいですかね。
しかしそれも時間経過で収まってきますし、飲む回数が増える度に副作用が起こる確率は低くなっていきます。

気になるアルコールとの話

緑のカプセルと白い錠剤の入ったパッケージ

医薬品とお酒の組み合わせというのはあまりいいものではありません。というのもシアリスなどのED治療薬は強い血管拡張作用を持っています。そのためにアルコールが非常によく回るのです。お酒は適量がちょうどいいです。

read more »